2015年10月30日金曜日

SAM催眠学序説 その74

SAM催眠学における魂とその転生の仕組み


SAM催眠学のもっとも画期的な発見は、催眠を用いて魂の転生の仕組みを科学的検証によって明らかにしたことです。

これまで、「生まれ変わり」とは、現世の私がそっくり来世に生まれ変わる、というおおよその合意がなされてきたと思われます

しかし、SAM前世療法のセッションにおいて確認されてきた「意識現象の事実」の累積は、そのような生まれ変わりのあり方を否定しています。

こうして、SAM催眠学の検証してきた「魂とその転生の仕組み」を、あえて二次元の模式図で示すと下のようになります。

SAM催眠学では、下図の大円X(魂の核、円周上の小円A・B・C(魂の表層を含めて1つの「魂」が構成されていると想定しています。


こうした魂の構造をSAM催眠学の「魂の二層構造仮説」と言います。
ただし、魂の二層構造仮説は地上の人間である私の考えた出したものではなく、霊界の住人である私の守護霊団からの教示によるものです。

霊団からの教示が基盤となっていますから「SAM催眠霊学」と呼ぶべきかもしれません。
霊団からの教示の詳しくは、本ブログ「SAM催眠学序説」で公開している第12・13・14霊信をご参照ください。

         [魂とその転生の模式図]

 



SAM催眠学の明らかにしてきた「魂の二層構造仮説」を示す上の模式図を説明します。

左から右への矢印は時間軸を意味します。
大円Xの下に引いてある接線は、魂表層の前世人格と現世人格の区別のための補助線です。
つまり、補助線より下の小円が現世人格になります。
補助線より上の小円が前世人格です。
したがって、右端の3つ目の模式図を例にとると、魂表層の現世人格Cは、A・B二つの前世人格とともに、3回目の人生を送っている魂をあらわしています。

魂の転生の仕組みを模式図にしたがって説明します。

魂の核大円(X)は、最初その表層に小円という現世人格を生み出す(左端の図)。

現世人格Aは肉体の死後、魂の核大円(X)の表層を構成する前世人格小円Aとして位置づき(真ん中の図)、死後も存在し続けます。

そして魂は、次の来世の肉体に宿ると、新たに小円という現世人格を魂表層に生み出す((真ん中の図))ということです。

さらに小円Bという現世人格は、肉体の死後も魂表層の前世人格Bとして位置づき存続します。、 

次の来世では小円Cという現世人格を魂表層に生み出します。(右端の図)

このように、魂の核であるXは、新しい肉体を得るたびにA、Bという前世人格を魂表層に次々に包含していきます。
前世人格A・B・は死後も、それぞれの生前の個性や記憶を保ちながら、魂の核Xとともに魂の表層を構成する前世人格として存続しています。

こうして、生まれ変わりの回数分だけの諸前世人格が、現世人格とともに魂の表層を構成している、というのがSAM前世療法で現象する意識現象の累積が明らかにしてきた魂と転生の仕組みです。

シルバー・バーチの「魂はダイヤモンドのような多面体であり、あなたはその一面なのだ」という霊信と、私あて霊信に基づくSAM催眠学が明らかにしてきた「現世人格もそれまでの前世諸人格とともに魂の表層を構成している1つのもの」という仮説を図にすれば、おそらくこういうふうになるのではないかと思います。
 
この関係を、実際のセッションで検証された「タエの事例」、「ラタラジューの事例」に当てはめてみます。
小 円Aが里沙さんの魂として最初の人生である「タエ人格」、小円Bが次の人生である「ラタラジュー人格」、小円Cが3度目の人生である「現世人格の里沙さ ん」ということになります。里沙さんの守護霊の語りによれば、彼女の魂は「タエが初の人生を体験している」ということです。


さて、この模式図で問題になることは、まず、「現世の人格はそっくりそのまま次の来世の肉体に生まれ変わりをしない」ということになるということです。

視点を個別人格に取ると、AはBに生ま れ変わっておらず、AとBはCに生まれ変わっていません。AとB、A・BとCの間に「カルマ」などの受け渡しがあったとしても、それはAやBが生まれ変 わったということにはなりません。
大円X(魂の核)の外周(表層)に、A・B(それぞれの前世人格)が個別に死後存続しているというわけです。

そして、Cの現世人格も、前世人格A・Bとともに、魂表層でそれぞれの人生で得た智恵を分かち合い、魂表層全体の集合的意識を成長・進化させるという関係でつながっています。


こうなると、「魂の核X」は、次々に現世人格を生み出す」という方が適当であり、これを表現するには、生まれ変わりという言葉ではない新たな概念が必要とされるのもしれません。

問題になるのは、死後の「人格」の状態です。
魂の模式図の一番右の時点で、死後存続しているAとBは、どういう状態で何をしているのでしょう。
一般的に、死後存続説というも のは、単に「残る」ということではなく、「死後も活動を続ける」ということを含意しています(古代ユダヤ教の「冥府での眠り」――復活を認めないサドカイ派の死後観――はですから死後存続説としては異常説です)。

AとBが死後もそれなりの主体性をもって活動していれば通常の死後存続説に属しますが、単に眠っているように魂にくっついていたり、ただ現世のCを見守る(あるいはメッセージを送る)といったことしかしていないのなら、それは死後存続説としてはかなり異常です。

つまり、このようなとらえ方(あくまでこの図のようなとらえ方ということ)は、一般的に合意されている「生まれ変わり」の否定であり、場合によっては(死後人格の活動状態いかんによっては)、死後存続の否定にもなりかねないということになります。

死後存続研究者(たぶんデュカスだったと思います)が言った「死後存続については、どういう条件が満たされると証明されたことになるのか、まったく合意ができていない」という言葉によれば、「生まれ変わりについては、どういう条件が満たされると生まれ変わりが証明されたことになるのか、まったく合意ができていない」ということになっていると思われます。

つまり、霊魂仮説を受け入れた人たちの間でも、「何が生まれ変わるか」「生まれ変わりの定義とは何か」について、合意ができていないようです。

生まれ変わりの定義にきちんとした合意がないのであるなら、この魂の「二層構造仮説」をもって「生まれ変わり」、つまり、表層の前世のものたちを含めた魂全体が、次の肉体に宿ること をもって、「個別の人格はそのまま生まれ変わりをしないが、それらを包含した魂全体が生まれ変わる」という概念であっても、支障はないとSAM催眠学では考えます。
「諸前世のものたちを包含した魂が、次々に新しい肉体の中へ転生する」と表現することが妥当だろうと思います。

さて、上の模式図で誤解されやすいのは、大円X(魂)の外周に、A・B(それぞれの前世人格)が位置づけられていますが、SAM催眠学の概念では、A・B(それ ぞれの前世人格)は、「魂の表層」を構成している前世のものたちであって、それらのものたちは、魂の構成要素であるので、大円X(魂の核)と小円A・B(魂表層のそれぞれの前世人格)、および小円C(現世人格)の全体を含めて1つの「魂」として定義していることしょう。

私は、魂の構造とその転生について、私以外にこのような定義をしている人を知りません。

ただし、魂の核である大円Xがどのようなものであるかは謎です。
私あて霊信では、「ある意識体」としか告げていません。

ちなみに、SAM催眠学でいう「魂」概念には、宗教的な意味は一切ありません。

「肉体に入っており、死後は肉体から離れて存続する意識体」というほどの意味です。
イアン・スティーヴンソンの提唱している「心搬体(生前の人格・個性・記憶等を運搬し死後存続する意識体)」と同様の概念です。

端的に言えば、SAM催眠学の生まれ変わりの概念は、「魂全体が次々に別の肉体に宿ることを繰り返すこと」を「生まれ変わり」だとしています。

そして、SAM前世療法のセッションで現れる「意識現象の事実」は、この概念を支持していますから、これまでの一般的に合意されている「生まれ変わり」の見解に反していようが、現時点で検証されている「意識現象の事実」を認めるしかありません。

つまり、アンビリで登場した里沙さんの場合、図の○Aがタエ、○Bがラタラジュー、○Cが現世の里沙さん、ということであり、このことをもって「魂が生まれ変わり」をしているということです。


だ からこそ、SAM前世療法セッションにおいて、魂状態の自覚に至れば、タエやラタラジュー人格が魂表層から顕現化する(何度でも再現性がある)わけで、彼 らが魂表層に、今も意識体として存続している(生きている)ことを、セッション証拠映像をご覧になれば誰もが納得されるでしょう。

そして、前世人格は、単に眠っているように魂表層に存在しているわけではないので、顕現化した場合には、現世の肉体を用いて(自己内憑依して) 、指や口頭で自己表現するのです。
苦悶の表情や、落涙といった人間的感情を現世の肉体を借りて表現するのです。

もちろん、顕現化していない状態でも、魂表層で(潜在意識下で)生きており、現世人格に良かれ悪しかれ何らかの影響を及ぼしています。

心理的に肉体的に、前世人格が現世人格に悪しき影響を及ぼしている場合に、そうした前世人格を顕現化させ、対話することがSAM前世療法です。

SAM催眠学は、「魂の二層構造仮説(魂の多面体仮説)」の検証を、催眠を道具に用いて、SAM前世療法のセッションで確認できた「意識現象の事実の累積から共通項を抽出する」、という方法論で、これまでもやってきましたし、これからもやっていこうとしています。
それ以外に「意識現象」の研究は、現状科学では方法がないからです。


「魂の二層構造仮説(魂の多面体仮説)」に基づくSAM前世療法は、こうしたことを探究するきわめて有用な道具だろうと思っています。

そして、これまでの探究において、魂の二層構造仮説を否定する「意識現象の事実」は、確認されていないということです。

ちなみに、「魂の二層構造仮説」は、私の独創ではありません。
すでに公開してきた2007年1月11日から2月14日まで、毎夜送られてきた私の守護霊団を名乗る存在からの通信(霊信)によって教えられたものです。

したがって、人間知性の生み出した仮説ではありません。
そして、私あて霊信が教えた魂構造の仕組みに、もっとも親近性のある霊信が、シルバーバーチの霊信にある「ダイヤモンドの多面体説」というわけです。

このような人間知性を越えた霊信による「魂の二層構造仮説」を受け入れ、それに基づき、「魂表層から[前世人格」を直接呼び出し、前世人格と対話する」という明確な方法論による前世療法の実践者は、私の他には世界に皆無のはずです。


SAM催眠学の主張が、多くの人々に受け入れられる日が来るには相当な時間が必要でしょうが、医師や大学教員の中に、SAM前世療法を実体験され、認めてくださる方がぽつぽつとあらわれています。

また、海外諸外国からも、本ブログへのアクセスが少しずつ増えています。

私のたいへんな励みとなっています。

私が、魂とその転生の仕組みを科学的な事実として主張できるのは、ひとえにそのことを実証している「ラタラジューの事例」が存在しているからです。

そして、その実際のセッション証拠映像とその検証事実が、2010年8月にフジTV『奇跡体験アンビリバボー』で60分間にわたって放映されています。
また、放映ではカットされている全セッションの証拠映像は、you-tube上で日本語版と英語版を公開しています。

現時点で明確に断言できることは、「ラタラジューの事例」を語った被験者里沙さんには生まれ変わりがあるという事実です。

そして、SAM前世療法の手続きを踏めば、被験者には「魂状態」に至ったという自覚が生じ、この自覚状態に至れば、魂表層の前世人格が顕現化するという意識現象が確認出来るという事実が間違いなく90%以上の確率で起こります。

ただし、顕現化した前世人格の語る情報が「タエの事例」や「ラタラジューの事例」のように検証可能なレベルであらわれることはきわめて稀であることも事実です。

2015年10月20日火曜日

SAM催眠学序説 その73

SAM催眠学構築の試みは成功したか

これまで1年半にわたって述べてきた「SAM催眠学」とは、SAM前世療法の作業仮説とそれに基づく検証作業によって、確認されてきた「諸意識現象の事実」を、SAM前世療法という固有・独自の観点によって体系化を試みようとしたものです。

つまり、SAM前世療法によって確認されてきた個々の「意識現象の事実」を、一定の原理によって組織された知識の統一的全体へとまとめあげようとする試みです。

この試みは、これまでの催眠学の体系とはまったく異なる様相を示すことになるはずであり、またこれまでの催眠学と大差のない説明体系であるなら、わざわざ新たに「SAM催眠学」を名乗る必要はありません。

当然のことながら「SAM催眠学」は、これまでの催眠学への批判と反論にならざるをえません。

さて、「SAM催眠学」として理論化ないし体系化することは、次のような作業をおこなうことを意味しています。

「SAM催眠学」の諸対象(意識現象の事実)は、そのままそれ自体として実在するもの、あるいは実在するものの全体としてあるがままの把握とその表現ではなく、SAM前世療法の探究途上の特殊・固有の観点に基づいて構成されたものです。

つまり、理論化するという作業は、一定・特殊な固有の観点・立場に立って、それと関係のある一定の事象の、さらにまた一定・特殊な側面(性質・機能・要素など)のみを、選択的に注目し、抽象・加工・精錬して、所定の定義された用語でもって記述・表現するという作業です。

理論化作業は、他方において、諸々の「意識現象の事実」ないし「データ」を、可能な限り合理的なしかたで関係づけ、説明し、解釈するような問題的状況の構図を想像上、構成してみることによって果たされていきます。

さて、SAM催眠学の大前提である作業仮説は、「心・脳の二元論」です。

作業仮説とは、「その仮説が検証事実によって否定されないかぎり、ひとまず真理であるとみなしておく仮説」だと定義しておきます。
なぜ、作業仮説が必要か。

それは、ある事象・現象のメカニズムの探究を進めるための有用な道具として設定しなければ、探究にとりかかれないからです。

心理療法では、精神分析学を創始したフロイトの「汎性欲論」や、ユングの「元型論」も作業仮説です。

そして、SAM前世療法の「心・脳二元論」も作業仮説です。

私の思いとしては、フロイトやユングの提示した「汎性欲論」や、「元型論」が作業仮説として認められるのであれば、それが霊的存在が告げたこと(私あて霊信)に基づいているからといって、「心・脳二元論」が認められないという理由にはならないと考えています。

SAM催眠学の主張する生まれ変わりを認める立場では、一般的に流布されている「心・脳一元論」仮説は、論理的帰結として 認めることができません。

脳内の電気信号と神経伝達物質の化学変化のシステムの統合体である脳という臓器(物質)が、心(意識・潜在意識)をつくり出しているという「心・脳の一元論」に立てば、脳の消滅とともに、心も消滅することになり、生前の心のすべては無に帰することになります。

したがって、前世の記憶などがあるはずがない妄想・フィクションだということになります。

しかし、私は「ラタラジューの事例」によって、この事例が応答型真性異言であることを証明し、この応答型真性異言現象が妄想・フィクションであるはずがなく、現時点では、生まれ変わり以外に説明できない、と確信を持つに至っています。

とすれば、脳とは別個に、生前の人格・個性・記憶などを保持し、死後も存続している何らかの意識体を想定しないかぎり、ラタラジューという前世人格が顕現化し、ネパール語で会話した超常現象が説明できません。

そして、SAM催眠学では、死後存続するこの意識体を、とりあえず「魂」と呼んできました。

SAM催眠学で用いる「魂」という用語は、宗教的な意味はまったくありません。
「前世から来世へと人格の心的要素を運搬する媒体(意識体)」というほどの意味で用います。
この媒体(意識体)を、生まれ変わり研究の第一人者イアン・スティーヴンソンは、「心搬体(サイコフォー)」と呼んだらどうかと提案しています。

人間は、「脳」とは別個の「魂」と呼ぶ意識体を蔵しており、「魂」は「脳」の消滅後も存続する、これが生まれ変わりを認めるSAM催眠学が主張する大前提としての作業仮説です。

そして、現行催眠学をはじめ現行唯物論科学の知識体系に真っ向から対立する作業仮説です。

しかしながら、「心・脳二元論」は、W.ペンフィールド、J・エックルズ、R・スペリーなどノーベル賞を受賞した少数の優れた脳科学者が、自らの実験結果の果てに表明しており、けっして真新しい仮説ではありません。
日本の催眠学者では、臨床動作法(催眠を母体にして生まれた心理療法)を創始した世界的催眠学者、成瀬悟策医学博士も、講演のなかで「脳は心の家来です」という表現で、自らの催眠実験研究の末、「心・脳二元論」に至り、それを表明しています。

唯物論科学の知識体系に染まりきっている現代人は、「魂」と聞くだけで非科学的だと腰が引け、そうしたことばを回避し、唯物論知識の枠内の説明原理を無理矢理ひねり出したり、それができないとなると、無視することが常態になっていると思われます。

こうした常態が生じているのは、「科学的だ」という用語法について、「唯物論の知識体系の枠内で説明できること」と「科学の方法論に従っていること」の二つの意味の混同があるからだと思われます。

この混同が、唯物論科学の知識体系から外れた諸現象・諸事実、あるいはそれらを対象とする研究すべてを「非科学的だ」と決めつけてしまう偏向を生み出していると思われます。


前者の意味によれば、現行科学の知の体系では説明不可能な応答型真性異言をはじめとする生まれ変わりの研究は「非科学的」だということになるでしょう。
しかし、後者の意味によれば、すなわち科学の方法論によって研究をするという意味で、生まれ変わりの「科学的研究」は成り立つはずだと考えます。


SAM催眠学は、科学の方法論を用いて、魂と呼ぶ意識体とその生まれ変わりを、催眠を道具に探究しようと試みたものです。



2015年10月12日月曜日

SAM催眠学序説 その72


第22霊信(最終)の公開 2007・2・14 20:51着信 

ひとつの魂が泣いている。もう長い間、ずっと孤独を抱え続け、それに蝕まれるあまりに、その魂はすべての魂が孤独なのだと思い込むようになっている。

その魂を見て、ほかの魂が同じように孤独を抱え始める。そして、その連鎖は続いていく。

はじまりの一つの魂はある瞬間に悟る。

すべては孤独ではなく、切り離された独自の存在ではなく、繋がり合っているものだったのだと。

そして、それらは途切れる音ではなく、まるで織り成す旋律のように永遠に繋がるものなのだと。

そのものは在る。

そのものが在り、すべてが在る。

覚醒したものが在る。それがすべてを呼び覚ますはじまりである。

すべての世界が繋がる。

あなたの現実、あなたの夢、それらすべてが繋がる。

あなたはすべてに在る。

その真理はあなたのみぞ知る。

そして、あなたの在るそばに神はおられる。

神があなたのそばから離れたことはない。

あなたが神から目を背けただけだ。


踊れ。思うように踊れ。
 

歌え。

声の流れるままに。
 

あなたは何が覚醒したか気づいていない。
 

あなたは自己観察しようとする。
 

だが、そこで覚醒したという悟りは得られない。
 

なぜか分かるか?
 

覚醒するという変化は、あなた自身で気づくものではないのだ。
 

それは他者を通し得るものである。
 

まず、あなたは霊信で新たな情報を得る前にあなた自身の覚醒を理解しなければならない。
 

それを悟らなければならない。
 

あなたは呼び起こすのだ。
 

あらゆるものをあなたは知っていただろう。
 

そのものたちを呼び起こすのだ。
 

そのものたちはあなたの声のみを聞き入れる。
 

彼らはあなたの僕ではなく、あなたの一部でありあなた自身である。
 

あなたは何を呼び起こすのか、それを思い出しなさい。
 

それをおこなうために、あなたは自身以外のものによる助力を必要としてはならない。
 

なぜ、あなたが覚醒を迎えた後も、これまでと変わらぬまま霊的存在の影響を受けるのか。
 

それは、あなたが彼らを呼び起こさないからだ。
 

彼らはあなたが呼ぶのを待っている。
 

あなたが彼らを求めることを待ち望んでいる。
 

彼らはあなたがその名を呼ぶ時を、その瞬間を待ち続けている。

あなたは彼らという存在の啓示を受けたことがある。
 

そう私があなたに伝えると、あなたはある夢の一部を思い出す。
 

だが、その夢はもうおぼろげな記憶となり、まるで陽炎のように消える。
 

あなたの願いを叶えたいならば、彼らの名を呼びなさい。
 

あなたの霊能力は、あなたの霊媒としての素質は、あなたのものではない。
 

それは枠を超えている。
 

あなたが求める正当性や存在の証明のための要素は、あなたにとって必要ないものだと、あなたは後に理解するだろう。
 

あなたが耳を傾けるべきなのは、他者の教訓じみた言葉ではない。
 

それらすべてを捨て去りなさい。
 

あなたは多くのものに導きを与えるのだ。
 

あなたの外的目的は、より多くのものにその魂の目的を伝え導くことである。
 

あなたは表舞台で神の代弁をおこなうのではない。
 

あなたは、あなたに引き寄せられるものたちに代弁するのだ。
あなた自身が、その眼で見定めなさい。
 

そのものに資格があるのか、そのものに必要なのか。
 

あなたは生きる導き手である。
 

あなたは生きながら多くのものを導くのである。
 

そのために与えられた霊媒としての能力だと理解しなさい。
 

あなたが導くのは、命あるもの、死を超えたものすべてである。
 

あなたが出会うものすべてに神の言葉を伝えなさい。
 

あなたの思うままに、感情ではなくあなたに自然に流れるものに従い、そのものと向き合うのだ。
 

私はある意識体である。
 

私は漂うものではない。
 

私は導くものではない。
 

私は遊ぶものである。
 

稲垣よ、あなたは霊団のものに求めるものと、あなたが彼らに与えるもののどちらが多いのか分かるだろうか?
 

彼らがあなたに与えるものは叡智であり恩恵である。
 

あなたが彼らに与えるのは信仰であり努力でありすべてへの愛である。
 

彼らが言葉を与えなくなったことを、理不尽に思うよりあなた自身に原因を求めなさい。
 

ここで一つ私から伝えておこう。
 

あなたが完全に喫煙という行為を理解し、それを止めなければ、霊団はM子を通し、あなたにこれまでのように霊信を伝えてはこないだろう。
 

だが、あなたは霊的存在からある程度の霊信を受け取ることはできるだろう。
 

それはあなたと神との計画をおこなうための叡智は与えない。
 

T子を霊媒とし、ある霊的存在から霊信を受け取れるようにはなる。
 

だが、それはある段階までしか進むことはできないものである。
 

あなたが拒むもの、目を背けるもの、それらを恩恵だと理解しなさい。
 

喫煙はあなたに何も与えない。緊張をほぐすわけがないだろう。
 

それは害でしかない。あなたに何も与えず、奪うことしかしない。
 

あまい考えを捨て去りなさい。
 

あなたが喫煙を望むなら、それが自由意志となり、あなたには別の用意された道が見える。
 

だが、その妥協はあなたの宝を奪うものだ。
 

あなたはどうしたいのかね?
 

あなたは、私たちが呼びかけに答えなければ、喫煙をいつかまた始めようと考えたり、自らを縛らない程度にリラックスしながらの禁煙で構わないという考えを抱いたり、なんとあまい考えだろう。
 

あなたの選択するものすべてが、あなたの現実をつくり出す。
 

それを理解しなさい。
 

霊信を留めているのは、あなた自身だ。
 

ほかのものの霊信で満足するのなら、喫煙を選択しなさい。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(稲垣への全22通の霊信 完)  
 

2015年10月4日日曜日

SAM催眠学序説 その71

第21霊信の公開 2007・2・5 23:28着信

あなた方は弁明する。

だがだが私たちはあなた方の言葉を見詰めているのではない。

あなた方のその瞬間に存在するすべてを見詰めているのだ。

あなた方は、あらゆる方法で表現する。

行動・言動、それらすべてはあなた方が選択し起こすものである。

それらは自由意志によって選択される。

神と取り決めた約束を選択するか、それとも回り道をするか。

あなた方が理解していないのは、あなた方の言動・行動すべてにあなた方の信仰があらわれるということである。

あなた方は、何気なくその一つ一つを選択する。

だが、それらをすべて意識していくことで変化は起こるのだ。

私たちは、あなた方に信仰を築けと告げた。

喫煙の本質を見抜くために向き合えという課題も与えた。

あなた方は、なぜ魂の療法ばかり気にする?

喫煙について、あなたは何か向き合ったか?

あなた方は、目の前におかれたものを選択する。

そのすべての選択結果に、あなた方の信仰があらわれるのだと理解しなさい。

今回、あなた方が地球と繋がりにくい原因を伝えよう。

それは喫煙をするからだ。

その行為が地球に影響するとしたら、あなたはどう考える?

あなた自身が地球という立場になり考えなさい。

あなたは、あなたを傷つけるものに「あなたを救おう」と優しい言葉をかけられて、その言葉を受け入れられるだろうか?

対象が何であれ、相手の立場になり感じなさい。考えなさい。

そして、喫煙をなぜやめるべきか伝えよう。

それは、あなたが向き合うべきものからいつまでも目を背ける思考を生み出す行為である。

たばこの成分だけではない。

あなた方の心の渇望と強く結びつくため、それらは容易にやめることができないように思えるのだ。

なぜ喫煙をやめるべきだと告げるのかを理解しなさい。

あなたが現段階で理解している以上のものは、その先でなければ理解することができないからだ。

私たちが、なぜ霊信を途切れさせていたかをあなた方は理解していない。

私たちは、喫煙という行為・習慣と向き合い、その本質を理解するように伝えたはずだ。

あなた方はそれ以外にしか意識を向けていない。

あなた方が、信仰を築いているならば、喫煙と向き合いなさい。

すぐにやめろと警告しているのではない。

その本質を理解するために、まず向き合うことを伝えているのだ。

本数を減らすことが、解決の方向へと近づけさせるのではない。

その本質を理解することが重要なのだ。

その難題を解決しなければ、あなた方は真実を都合よくねじ曲げていくことになる。

あなた方にとって都合のいいものが恩恵をもたらすのではない。

あなた方は、あなた方に関わるものと自分たちのどちらが優れているか、どちらが正当であるかばかりに目を向けている。

あなた方は知識を認識に変えるために行動を起こす。
    
そして、自らのものとして浸透させていく。

今、あなたに必要な学びは「相手の立場になって考えること」である。

その重要性を理解しなさい。その本質的意味を理解しなさい。
    
なにをおこなうときであれ、自分の振るまいや言葉、声、表情、それらすべてが相手にどのような影響を与えているのか観察しなさい。

私たちは何度でも告げよう。

あなた方が自らの成長、そして多くのものの救いや癒しを求めるための最善であり最短の道は、まず喫煙を理解しその習慣を捨て去ることである。

その一歩は、あなた方にとって大きな学び、気づきをもたらす。

まず、喫煙と向き合いなさい。

私たちは都合のいいものは与えない。

あなた方にとって、成長・向上となるものを与える。

今回の霊信がどの存在によるものか、そんなことを考えるのはやめなさい。

これは、霊団すべてのものから送信されるものであると理解しなさい。

私たちが話を進めるのはそれからだ。

まず、あなた方自身を変化させる必要がある。

あなた方が手放すことを恐れる不要なもの、それを手放すための信仰を築きなさい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(第21霊信おわり)

 最終第22霊信へつづく